これから初めて美白ケアを行うという人に、美白クリームの効果や使用上の注意点などを紹介していきます。

美白クリームの効果

美白クリームの効果には、予防美白と漂白美白の効果があります。予防美白とは、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える効果があるため、シミが新たに出来るのを予防します。ただ、この場合だと、現時点ですでに存在するシミに対しては、何も効果がない事になります。

美白クリームの効果

そのため、今あるシミをなんとかしたいという場合は、漂白美白の効果で、シミを薄く目立たなくさせる効果がある商品を選ぶようにして下さい。ただ、美白とは、使用すれば使用するほど色白になれるという訳ではありません。日焼けした状態を元に戻し、シミやくすみを改善させる事で、ある程度色白に近づく事は可能でしょう。

ですが、地黒だという人は、生まれつき肌に存在するメラニン色素の量が多いので、肌の色は黒くなってしまいます。ただ、メラニン色素=悪いモノという訳ではなく、メラニン色素は紫外線から肌を守る働きや、バリア機能を守る働きがあります。肌の色の白い白人は、紫外線に弱く、紫外線に少し浴びただけで、ヤケド状態になったり、肌のバリア機能が弱く、肌が老化しやすいというデメリットもあるのです。

そのため、メラニン色素と上手に付き合う事が、美白、美肌へのカギだと言えるでしょう。

美白クリームは成分で選ぶ

いろんな種類が販売されている美白クリームですが、選ぶコツは配合されている成分を確認するという事です。美白有効成分の中で、厚生労働省が認めている成分は「トラネキサム酸」「アルブチン」「コウジ酸」です。国が美白効果があると認めているわけですから、こららが含まれる美白クリームは安心して購入する事が出来ます。

他にも美白クリームを使用する目的が、シミ予防の人はアルブチン」「トラネキサム酸」が配合された商品を。目的がシミの改善であれば、プレセンタエキスが配合された商品を選ぶようにしましょう。シミの改善もしたいけど、シミの予防もしたいという人なら「ビタミンC誘導体」「4MSK」が配合されている商品がオススメです。

美白クリームの使用上の注意点

美白クリームには顔用と身体用の商品に分かれています。そして身体用の商品を顔に使用するのは、刺激が強い可能性があるので、やめておきましょう。クリームを塗るタイミングとしては、顔用は朝と夜の1日2回、身体は入浴後に1日1回が目安となります。

美白クリームの美容効果、配合成分、使用上の注意などを正しく知っておこう

「ハイドロキノン」という成分は非常に漂白効果が高いのですが、敏感肌や乾燥肌の人が使用すると、肌トラブルが起きる可能性があります。そのため、使用する前に必ずパッチテストを行うようにして下さい。後は、美白ケアに拘るあまりに、美白成分が配合されている化粧水、クリーム、美容液と何でもかんでも美白商品を選んでしまうと配合されている成分が重複してしまう場合があります。

PR=トランサミンカプセル250mg http://www.ntp-k.org/medicine/skin/transamin.html

まだ重複しても肌に安全化どうかの検証が行われていません。そのため現時点では、重複は避け、自分の肌に合った美白効果が高い商品を1つだけ継続して使用するようにしましょう。そして美白成分が肌に効果をもたらせる肌環境にしておく事も重要です。

基本として、1年を通じてUVケアを行い、保湿ケアを行い、肌のバリア機能を高めておく事が重要です。加えて、肌の血行促進や、栄養のバランスを整え、生活習慣を改善させるなど、肌にいいライフスタイルにすると、より美白効果が出ます。

美白クリームの基本的な効果はメラニン色素との関係が深い

美白クリームはたくさんの種類が出ていて、どれがどれだけ美白効果があるのかなど、パッと見ただけではわからないくらいの種類があります。これらの美白クリームは、全体的にはどのような効果があり、どのようなメカニズムで美白をしていくのでしょうか。

少し掘り下げてみましょう。

美白クリームの基本的な効果はメラニン色素との関係が深い

メラニンの生成を抑える効果

美白クリームのほとんどの商品に共通して言えるのは、メラニン色素の生成を抑える働きではないでしょうか。紫外線を浴びてダメージを受けた肌は、表面的には目に見えなくても、肌の中ではメラニン色素が生成され始めています。そのメラニン色素が沈着するとしみになります。

このメラニ色素自体の生成を抑えれば、しみの原因がなくなるわけですから、キレイな肌を作ることができると考えられています。そのため、美白クリームは、紫外線を浴びたあとのケアに対して有効性を発揮する、そういう効果が代表的なものです。

日焼けで黒くなった肌を元の地肌の色に戻す効果

日焼けはついうっかりしてしまうこともあります。快晴の日の海水浴場にビキニで1日いたわけではなくても、部屋の中にいても日焼けはしてしまうものです。こうした日焼けした肌色を、地肌の色に戻す働きがあります。美白というのは、肌本来の肌色にする意味があるので、生まれ持った肌色へと近づくことができます。

美白クリームを毎晩使っていくと徐々に白くなったように感じるのはこのためです。

美白クリームで漂白は期待できない

美白クリームは先にも触れたように地肌の色に限りなく近づけるためのものです。地肌以上に白くするようなことは期待できませんから、漂白のような効果は期待できません。あくまでも、地肌の色がベースとなっているものです。